特別陳列「十二支の考古学‐総集編‐」(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

十二支の考古学_ページ_1

特別陳列「十二支の考古学‐総集編‐」(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)

開催期間終了


干支に関する新年恒例の特別陳列。2018年は「戌」年。さらにこれまで紹介した干支の考古学資料を「総集編」として展示します。

  • 特別陳列「十二支の考古学‐総集編‐」(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)
  • 特別陳列「十二支の考古学‐総集編‐」(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)

十二支を考古学的観点からとらえて紹介する「十二支の考古学」シリーズも、2018年「戌」年で一巡しました。いぬにまつわる考古学資料に加え、過去に紹介した干支の資料も一挙公開。発掘物などに残された干支に登場する生き物たちを古代の人々はどのように見ていたのか。その関係性を探り、想像を楽しんでください。

★期間中の関連イベント★
「橿原神宮 大絵馬 原画展」
場所:特別展示室
日本画家の上村淳之氏・藤本静宏氏による大絵馬の原画を展示します。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 特別陳列「十二支の考古学‐総集編‐」(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)
開催場所

〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町50-2

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

開催期間 2017年12月16日〜2018年01月14日
開催時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 休館日:月曜(祝日の場合は翌日休館)
12月28日~1月4日
ホームページ http://www.kashikoken.jp/museum/
お問い合わせ先 0744-24-1185
その他 駐車場&ミュージアムショップあり

行事・イベントの記事一覧→