広重―雨、雪、夜、風景版画の魅力をひもとく― 【奈良県立万葉文化館】 | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

特別展広重チラシデータ

広重―雨、雪、夜、風景版画の魅力をひもとく― 【奈良県立万葉文化館】

開催期間:2018年05月12日〜2018年07月01日

雨、雪、夜など自然の表情を叙情豊かに描写した広重の風景画が展示されます。

  • 広重―雨、雪、夜、風景版画の魅力をひもとく― 【奈良県立万葉文化館】

歌川広重は江戸時代後期に活躍した不世出の浮世絵師。天保4年(1833年)から刊行した『東海道五拾三次之内』は、版元名から「保永堂版東海道」と呼ばれます。
当時は江戸の庶民の間でも旅行ブームが起こり、広重の同著も人気を博しました。広重はこのあと、『六十余州名所図会』『名所江戸百景』なども刊行。名所絵や街道絵といった風景画を旺盛に制作しました。
広重の風景画は名所・名物を単に写しただけでなく、雨や雪、夜などを叙情豊かに描写しました。
本展では、数ある広重作品のうち、「保永堂版東海道」にある風景画を中心に紹介。「富士」ばかりでなく、雨・雪・夜、細部までじっくり鑑賞すれば、味わいが深まります。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 広重―雨、雪、夜、風景版画の魅力をひもとく― 【奈良県立万葉文化館】
開催場所

〒634-0103 奈良県明日香村飛鳥10

奈良県立万葉文化館(日本画展示室)

開催期間 2018年05月12日〜2018年07月01日
開催時間 10:00~17:30(入館は17:00まで)
お問い合わせ先 0744-54-1850
その他 「広重展」が開催される日本画展示室は観覧有料ですが、一般展示室・特別展示室は観覧無料です。

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→