平成30年秋季展「山と樹を描く」(中野美術館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

鹿子木孟郎「大峰山中鐘掛ケ岩」データ(提供)

平成30年秋季展「山と樹を描く」(中野美術館)

開催期間:2018年09月07日〜2018年11月11日

中野美術館蔵の「山と樹」を描いた洋画・日本画・版画が約50点

  • 平成30年秋季展「山と樹を描く」(中野美術館)

明治、大正、昭和の三代にわたる近代日本の洋画、日本画、版画、彫刻を収蔵し、各種展示を開催する中野美術館。今回は、山、あるいは樹を題材にした作品が集まります。
日本人にとって、山は古くより信仰の対象として崇め、愛し、畏敬の念をもって眺めてきた大きな存在です。画家たちは、山を題材にした作品を多く残し、また、樹も生命を宿す特別な存在として作品のモチーフになってきました。
今回展示・紹介するのは、洋画では鹿子木孟郎や須田国太郎らの奈良の山を描いた作品、梅原龍三郎らの油彩、日本画では横山大観、冨田渓仙の作品、版画では、長谷川潔や駒井哲郎のエッチング作品などです。
作品の中の「山と樹」から、日本の自然や画家たちの心象風景を感じ取ってください。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 平成30年秋季展「山と樹を描く」(中野美術館)
開催場所

〒631-0033 奈良県奈良市あやめ池南9-946-2

中野美術館

開催期間 2018年09月07日〜2018年11月11日
開催時間 10:00~16:00(入館は15:45まで)
定休日 休館日:月曜
(祝日の場合は開館し、翌平日休)
※10月9日(火)~10月12日(金)休館
ホームページ http://www.nakano-museum.jp/
お問い合わせ先 0742-48-1167
その他 <入館料>
一般:600円
シニア(65歳以上)・大学生・高校生:500円
小学生・中学生:250円
<アクセス>
近鉄奈良線
「学園前」駅南出口から徒歩約8分
駐車場あり

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→