「行基大菩薩御作」と記された奈良大学蔵四天王像 さとがえり公開(喜光寺/奈良市) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

「行基大菩薩御作」と記された奈良大学蔵四天王像 さとがえり公開(喜光寺/奈良市)

「行基大菩薩御作」と記された奈良大学蔵四天王像 さとがえり公開(喜光寺/奈良市)

開催期間:2019年05月02日〜2019年09月02日

「試みの大仏殿」と呼ばれる喜光寺本堂に、行基作と伝わる四天王像が約150年ぶりにさとがえりします。

  • 「行基大菩薩御作」と記された奈良大学蔵四天王像 さとがえり公開(喜光寺/奈良市)
  • 「行基大菩薩御作」と記された奈良大学蔵四天王像 さとがえり公開(喜光寺/奈良市)

奈良時代の高僧行基ゆかりの喜光寺は、その本堂が東大寺建立前に建てられたことから、「試みの大仏殿」と呼ばれています。明治の廃仏毀釈の際に寺を離れたとされる四天王寺像はめぐりめぐって、現在は奈良大学の所蔵となっており、同大文化財学科の修復実習で、広目天・多聞天像から「菅原寺(現在の喜光寺)」や「行基大菩薩御作」の墨書銘が発見されました。これにより、四天王像が菅原寺(喜光寺)に安置されていたことが確認され、当時この四天王像に行基作の伝承があったことが推測されます。
この四天王像が約150年ぶりに喜光寺へさとがえりし、本堂で公開されます。
公開期間終了後は、令和元年10月にオープン予定の「奈良大学創立50周年記念館(仮称)」のエントランスホールで来館者を出迎えることになっています。

 

【特別プログラム 記念講演会】
7月15日(月)13:00~15:30
①「四天王像のたどった道」
講師:奈良大学副学長 関根俊一氏
  (講演後、本堂にて四天王像の現地解説を開催)
②「行基菩薩と喜光寺」
  講師:喜光寺住職 山田法胤氏
※参加費無料(拝観料必要)
※事前申込不要
※お問い合わせは、喜光寺まで

喜光寺の詳細ページはこちら

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 「行基大菩薩御作」と記された奈良大学蔵四天王像 さとがえり公開(喜光寺/奈良市)
開催場所

〒631-0842 奈良県奈良市菅原町508

喜光寺

開催期間 2019年05月02日〜2019年09月02日
開催時間 9:00~16:30
ホームページ http://www.kikouji.com/
お問い合わせ先 0742-45-4630
その他 【境内拝観料】大人500円、小人300円
【アクセス】近鉄「尼ヶ辻」駅から徒歩約10分

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→