開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

県立美術館吉川観方01(提供)チラシ表

開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館)

開催期間:2019年09月28日〜2019年11月17日

奈良県立美術館創立のきっかけとなった画家・収集家の吉川観方の功績と足跡が紹介されます。

  • 開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館)
  • 開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館)
  • 開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館)
  • 開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館)
  • 開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館)
  • 開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館)

吉川観方(1894-1979)は日本画を学び、自ら制作に励む一方、美術品の収集や風俗史の研究にも没頭し、そのコレクションは約3万点に及びます。本特別展では、画家として、コレクターとして、研究家として、日本の歴史・文化の振興に貢献した足跡が紹介されます。

 

■展示予定
観方渾身の「伊東マンショの像(天正遣欧使節)」
観方の幽霊画「朝露・夕霧」のうち、「夕霧」
新発見の名品「加茂川舞妓夕涼図」
観方コレクション「伝 淀殿画像」
など

 

■連携展示
「春日大社 春日若宮おん祭」
1955年の春日大社式年造替時に絵所預職を務めた吉川観方。社殿の壁画制作にも携わるなど、春日大社に深い縁を持っています。この連携展示は、奈良県立美術館1階ギャラリーにて、入場無料でご覧いただけます。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 開館300回記念特別展「生誕125年・没後40年 吉川観方-日本文化へのまなざし」(奈良県立美術館)
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町10-6

奈良県立美術館

開催期間 2019年09月28日〜2019年11月17日
開催時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
ホームページ http://www.pref.nara.jp/11842.htm
お問い合わせ先 0742-23-3968
その他 【休館日】
9月30日(月)、10月7日(月)、10月15日(火)、10月21日(月)、11月11日(月)

【観覧料】
一般800円、大学・高校生600円、中学・小学生400円
※無料
○身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助人1人
○外国人観光客と付き添いの観光ボランティアガイドの方

【アクセス】
近鉄奈良駅より徒歩約5分
JR奈良駅から奈良交通バス「県庁前」下車

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→