御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―」(奈良国立博物館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

B2poster_改訂_OL

御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―」(奈良国立博物館)

開催期間:2020年07月04日〜2020年09月06日

日本伝統の技術で再現された正倉院の至宝たち。極上の美と技に酔いしれる。

  • 御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―」(奈良国立博物館)
  • 御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―」(奈良国立博物館)
  • 御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―」(奈良国立博物館)
  • 御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―」(奈良国立博物館)

 聖武天皇ゆかりの品々を中心とする正倉院宝物は、東大寺・正倉院正倉に約9000件が伝えられています。多くが奈良時代の作で、調度品や楽器、遊戯具、武器・武具、文房具、仏具、文書、染織品など多彩で、唐(中国)などからもたらされた国際色豊かな宝物も含まれています。
 明治時代に本格的に始まった模造製作は、修理と一体の事業でした。その後、昭和47年からは“忠実な再現”として模造製作が行われ、人間国宝ら伝統技術保持者の熟練の技と、最新の科学による調査・研究の成果が融合した芸術性・学術性に優れた再現模造作品が多く生まれました。
 天皇陛下ご即位と令和時代の幕開けを記念する本特別展には、これまでに製作された正倉院宝物模造作品数百点の中から、選りすぐりの約90件が公開されます。日本の伝統技術の粋が継承された逸品にみる再現された美と技に陶酔してください。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―」(奈良国立博物館)
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50(奈良公園内)

奈良国立博物館(東新館・西新館)

開催期間 2020年07月04日〜2020年09月06日
開催時間 9:30~17:00
(毎週金曜は~19:00)
(入館は閉館の30分前まで)
定休日 【休館日】
毎週月曜
※8月10日(月・祝)は開館します。
 翌11日(火)は休館します。
ホームページ https://www.narahaku.go.jp/
お問い合わせ先 050-5542-8600(ハローダイヤル)
その他 ※会期中に展示替えあり

【観覧料】
<当日>
一般:1500円
高校・大学生:1000円
小・中学生:500円
<団体>
一般:1300円
高校・大学生:800円
小・中学生:300円
※団体は、20名以上です。

★障害者手帳をお持ちの方は無料です(介護者1名含む)。
★本展の観覧券で、名品展(なら仏像館・青銅器館)も観覧できます。
★奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生は、当日券400円です。

【アクセス】
近鉄「奈良」駅から徒歩約15分

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→