鏡中之美‐鏡が映しだすもの‐(大和文華館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

銅製貼銀鎏金双鳳狻猊文八稜鏡 中国・唐時代

鏡中之美‐鏡が映しだすもの‐(大和文華館)

開催期間:2020年08月21日〜2020年10月04日

鏡が持つ不思議な力と美に迫ります。

  • 鏡中之美‐鏡が映しだすもの‐(大和文華館)
  • 鏡中之美‐鏡が映しだすもの‐(大和文華館)

身だしなみをチェックしたり、サイドミラーやカーブミラーで交通安全に気を配ったり、現代では、鏡の役割は実用的なものがほとんどです。かつては、光を反射し、ものを映すという鏡の特性は「不思議な力」とされ、権力、畏敬、信仰、財産などの対象として重要視されていました。
そんな鏡の歴史にスポットを当て、中国・日本・朝鮮半島で作られた銅鏡(「銅製貼銀鎏金双鳳狻猊文八稜鏡」など)、美しい文様で飾られた鏡、描かれた鏡のほか、鏡を納める漆箱も展示します。
古来、人々は「不思議な力」の鏡に何を映し、何を感じてきたのか。様々な用途で人々の生活とともにあった鏡に迫ります。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 鏡中之美‐鏡が映しだすもの‐(大和文華館)
開催場所

〒631-0034 奈良県奈良市学園南1丁目11-6

大和文華館

開催期間 2020年08月21日〜2020年10月04日
開催時間 10:00~17:00(入館は16:00まで)
定休日 【休館日】月曜
(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)
ホームページ https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
お問い合わせ先 0742-45-0544(大和文華館)
その他 【入館料】
一般630円
高校・大学生420円
※小学・中学生は無料

【アクセス】
近鉄「学園前」駅から徒歩約7分
駐車場あり(無料)

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→