創立90周年特別展「大航海時代へ―マルコ・ポーロが開いた世界―」(天理大学附属天理参考館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

ポスター 大航海時代(web用縮小版)

創立90周年特別展「大航海時代へ―マルコ・ポーロが開いた世界―」(天理大学附属天理参考館)

開催期間:2020年10月21日〜2020年12月14日

大海原を駆け巡る夢と冒険の時代。冒険者たちの鼓動が伝わる特別展です。

  • 創立90周年特別展「大航海時代へ―マルコ・ポーロが開いた世界―」(天理大学附属天理参考館)
  • 創立90周年特別展「大航海時代へ―マルコ・ポーロが開いた世界―」(天理大学附属天理参考館)

写真提供:天理大学附属天理参考館

 

マルコ・ポーロ(伊ヴェネツィアの商人/1254-1324)がアジアを中心とする航海を口述したものをまとめた『東方見聞録』は、いわゆる大航海時代に活躍した多くの野心家たちの冒険心をくすぐるガイドブックになりました。

 

大航海時代は、人・物・文化が、現代でいうグローバルに広がった時代。影響は日本にも及び、南蛮文化をもたらしました。この時代に登場した傑物には、コロンブス、ヴァスコ・ダ・ガマ、マゼランなどがおり、日本でも織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らが出現し、“新時代”が開かれました。

 

この大航海時代、冒険者たちは『東方見聞録』や玉石混交の地図を手に大海原を駆け巡りました。彼らにはきっと、未知なるものに触れる期待と高揚(ワクワクとドキドキ)があったことでしょう。

 

本展では、マルコ・ポーロが生きた時代に重なるモンゴル帝国と、『東方見聞録』による大航海時代へのつながりに焦点を当て、天理参考館と天理図書館が収蔵する関連品を一堂に会して、夢と冒険心にあふれた時代のフロンティア精神に迫ります。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 創立90周年特別展「大航海時代へ―マルコ・ポーロが開いた世界―」(天理大学附属天理参考館)
開催場所

〒632-0035 奈良県天理市守目堂町250

天理大学附属天理参考館

開催期間 2020年10月21日〜2020年12月14日
開催時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
ホームページ https://www.sankokan.jp/
お問い合わせ先 0743-63-8414
その他 【入館料】
大人:500円
小・中・高生:300円

【期間中の休館日】
火曜(祝日の場合は翌平日)

【アクセス】
JR・近鉄「天理」駅から徒歩約20分
※駐車場あり

【お願い】
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします。
■発熱・咳・のどの痛みなど風邪症状が見られる方は入館の自粛をお願いいたします。
■マスクの持参、着用をお願いいたします。
■入館の際は、消毒液をご使用ください。消毒液は当館で用意しております。
■体温37.5度以上の方はご入館をお断りしております。受付の検温器で検温を済ませてからチケットをご提示ください。
■ご見学は、2メートルを目安に間隔をとっていただくとともに、近距離での会話はご遠慮ください。
■ガラスケースや展示品などには触れないようにしてください。
■音声ガイドは従来通り貸し出し無料ですが、イヤホン110円をご購入願います。
■展示室内の滞留を避けるため、係員が誘導を行う場合があります。

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→