企画展「広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」(奈良県立美術館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

歌川広重「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」_01_キャプション付き

企画展「広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」(奈良県立美術館)

開催期間:2021年01月16日〜2021年03月14日

浮世絵風景画の傑作を味わう。歌川広重の「名所江戸百景」が前・後期で全点展覧されます。

  • 企画展「広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」(奈良県立美術館)
  • 企画展「広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」(奈良県立美術館)
  • 企画展「広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」(奈良県立美術館)
  • 企画展「広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」(奈良県立美術館)

江戸時代末期に浮世絵風景画の名手として活躍した浮世絵師・歌川広重(1797‐1858)。晩年に描いた「名所江戸百景」は江戸庶民の暮らしや関心事が描かれ、江戸の人々が自分たちの生きる都市の名所や営みを再確認できる浮世絵でした。
本展では、前期・後期あわせて「名所江戸百景」全点が展示されます。また近隣の美術館の協力を得て、「東都名所」シリーズや「東海道」シリーズも展示され、江戸の人々が夢中になった広重の浮世絵風景画の魅力を感じ取ることができます。
併催「新収蔵品・新寄託品を中心に」では、これまで収集してきた作品のうちで初公開となる作品を含む、絵画、彫刻、工芸、版画作品が展示されます。

 

【展示構成】
序:浮世絵師歌川広重
1:日本の名所絵
2:広重の名所絵
3:館蔵コレクションにみる名所絵
4:広重の名所江戸百景
5:新収蔵品・新寄託品を中心に

 

※「前期」:2021年1月16日~2月14日
 「後期」:2021年2月16日~3月14日

 

【主な展示作品】
歌川広重「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」(前期)
歌川広重「東海道五十三次之内 庄野白雨」(後期)
歌川広重「東都名所 吉原仲之町夜桜」(後期)
葛飾北斎「富嶽三十六景 江都駿河町三井見世略図」(後期)

 

【関連事業】
◆美術講座
「名所江戸百景のみかた」
2021年1月24日(日)14:00~
講師:奈良県立美術館学芸員 三浦敬任氏

 

◆講演会
「広重の名所江戸百景」
2021年2月14日(日)14:00~
講師:大和文華館館長 浅野秀剛氏

 

◆ギャラリートーク(実施要項未定です)
2021年1月30日(土)、2月20日(土)、3月13日(土)

 

※関連事業の申込方法等詳細は、美術館公式ホームページに掲載予定です。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 企画展「広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」(奈良県立美術館)
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町10-6

奈良県立美術館

開催期間 2021年01月16日〜2021年03月14日
定休日 毎週月曜
※ただし、3月1日、3月8日は開館します。
ホームページ http://www.pref.nara.jp/11842.htm
お問い合わせ先 0742-23-3968
その他 【観覧料】
一般:400円
大学生・高校生:250円
中学生・小学生:150円
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、団体料金の設定はありません。
※次の方は観覧無料です。
・65歳以上の方
・身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者福祉手帳をお持ちの方と介助の方1名
・外国人観光客(長期滞在者、留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方
・教職員に引率された奈良県内の小中高校およびこれに準ずる学校の児童、生徒
・毎週土曜日は、奈良県内外を問わず、小中高生およびこれに準ずる学校の児童、生徒

【アクセス】
近鉄奈良駅から徒歩約5分

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→