【特別陳列】帝国奈良博物館の誕生-設計図と工事録にみる建設の経緯-(奈良国立博物館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

2021NaraMuseum-1

【特別陳列】帝国奈良博物館の誕生-設計図と工事録にみる建設の経緯-(奈良国立博物館)

開催期間:2021年02月06日〜2021年03月21日

明治時代の中頃に古都奈良に誕生した帝国奈良博物館建設の経緯を資料でたどります。

  • 【特別陳列】帝国奈良博物館の誕生-設計図と工事録にみる建設の経緯-(奈良国立博物館)
  • 【特別陳列】帝国奈良博物館の誕生-設計図と工事録にみる建設の経緯-(奈良国立博物館)

国立博物館は現在、東京、京都、奈良、九州の全4館。奈良国立博物館なら仏像館の前身にあたる帝国奈良博物館は明治27年(1894年)12月に竣工し、翌年4月に開館しました。
設計は明治時代を代表する建築家・片山東熊(のちに帝国京都博物館や東宮御所などを設計)が担当し、奈良県初の西洋建築です。
その設計図と工事録の分析から、耐震を考慮した堅牢性の重視、採光の工夫、雨仕舞への配慮、工事の遅延、予算確保の問題など、完成に至るまでの建設の経緯が詳しくわかってきました。
設計図や工事録など貴重な資料展示を通して、日本国内でまだ博物館建築の事例が少なかった明治時代中頃、古都奈良に“帝国博物館”が誕生した道のりを振り返ります。

 

<主な展示>
・奈良博物館新築色分ヶ図百分壱
・奈良博物館正面昇降口炬計弐拾分壱之図(「内匠寮奈良博物館建築工事図面」のうち)奈良国立博物館
・帝国奈良博物館表昇降口雛形 奈良国立博物館
※会期中に展示替えあり。

奈良国立博物館の詳細はこちら

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 【特別陳列】帝国奈良博物館の誕生-設計図と工事録にみる建設の経緯-(奈良国立博物館)
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50

奈良国立博物館(西新館)

開催期間 2021年02月06日〜2021年03月21日
開催時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
ホームページ https://www.narahaku.go.jp/index.html
お問い合わせ先 050-5542-8600(ハローダイヤル)
その他 【観覧料金】
一般:700円
大学生:350円
※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障がい者手帳またはミライロID(スマートフォン向け障がい者手帳アプリ)をお持ちの方(介護者1名含む)は無料。また、親子割引あり。
※この観覧料金で、同時開催の特別陳列「お水取り」(東新館)、名品展「珠玉の仏教美術」(西新館)、名品展「珠玉の仏たち」「中国古代青銅器」(2021年2月23日~)をあわせて観覧することができます。

【休館日】
毎週月曜
※会期中2月8日、3月1日、3月8日は開館します。

【アクセス】
近鉄奈良駅から奈良公園方面(東)へ徒歩約15分

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→