奈良のお寺へ初詣~戌年さん、犬好きさん注目のお寺 | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

【初詣】法華寺(安田)

奈良のお寺へ初詣~戌年さん、犬好きさん注目のお寺

新年は何をしてスタートしますか。答えをランキングにすると、トップはやはり「初詣(はつもうで)」でしょう。新年の境内に入ると、気持ちがシュッと真っ直ぐになったり、お守りを買って、おみくじを引いてワクワクしたり。初詣は国民的一大行事です。
2018年の干支は「戌」。これを「犬」の字に当て替える日本では、戌年の一年、いつにも増して、ワンちゃんが可愛がられます。
ここでは、犬と縁のある奈良県のお寺を紹介。毎年決まったところへ初詣に行く人も、まだ初詣の行き先を決めていない人も、2018年はワンちゃんに縁があるお寺へ。
ワンダフルな一年になりますように。

【法華寺(奈良市)】

奈良のお寺へ初詣~戌年さん、犬好きさん注目のお寺

●手づくりの「お守り犬」
藤原不比等の娘で、聖武天皇に嫁いだ光明皇后ゆかりのお寺。奈良時代、総国分尼寺として創建されました。ご本尊・十一面観音像(国宝)は、特別御開帳時以外はお目にかかれない秘仏です。病人や貧しい人々に慈愛を注がれた光明皇后の発案と伝わるのが、本堂授与所に並ぶ「お守り犬」。丁寧に手づくりされたお守りで、病苦や災難の厄除けの願いが込められています(手づくりのため数に限りがあり、お買い求めの場合は事前にお問い合わせください)。
〒630-8001 奈良県奈良市法華寺町882
電話番号 0742-33-2261

法華寺の詳細はこちらから

 

【帯解寺(奈良市)】

奈良のお寺へ初詣~戌年さん、犬好きさん注目のお寺

奈良のお寺へ初詣~戌年さん、犬好きさん注目のお寺

●犬は安産の守護
安産・求子(子授け)祈願で知られる帯解寺。犬は多産・安産の象徴であり、まさに帯解寺のパートナー。安産を願う授与品がたくさんありますが、犬に関するものには、お守りワンちゃん(さをり織り製のぬいぐるみ)、音色で悪気を払って心を清める「戌土鈴」があります。戌年の新年、子どもの健やかな誕生、成長を願うにはぴったりです。
〒630-8444 奈良県奈良市今市町734
電話番号 0742-61-3861

帯解寺の詳細はこちらから

 

【達磨寺(王寺町)】

奈良のお寺へ初詣~戌年さん、犬好きさん注目のお寺

奈良のお寺へ初詣~戌年さん、犬好きさん注目のお寺

●聖徳太子の“愛犬”がいます

聖徳太子と達磨大師の出会いから始まったと伝わる達磨寺。本堂にはいずれも国指定重要文化財の木造聖徳太子像、木造達磨坐像とともに、木造千手観音像も安置されています。その境内に一角に、犬の像があります。聖徳太子の愛犬といわれる雪丸です。雪丸は王寺町のマスコットキャラクターにもなっていて、2018年も大活躍してくれそうです。
〒636-0012 奈良県王寺町本町2丁目1-40
電話番号 0745-31-2341

達磨寺の詳細はこちらから

 

【犬飼山転法輪寺(五條市)】

奈良のお寺へ初詣~戌年さん、犬好きさん注目のお寺

●弘法大師を導いた白犬と黒犬
ご本尊は弘法大師。禅定の地を探していた大師は、白と黒の2頭の犬を連れた狩場明神と丹生都比売大神に導かれ、とうとうその地、高野山にたどり着きました。そのきっかけをくれた狩場明神と犬たちに出会った場所に建つのが、犬飼山転法輪寺です。境内には丹生狩場明神神社が建立され、向かって左に黒い犬、右に白い犬の石像が神社をお守りし、神仏共栄が保たれています。
〒637-0072 奈良県五條市犬飼町124
電話番号 0747-22-4403

行事・イベントのまとめ記事一覧→