奈良の「塔」をめぐる | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TEMPLE・SHRINE 奈良のお寺・神社情報

法起寺(中尾撮影)

奈良の「塔」をめぐる

奈良には、訪ねると「塔」に目がいく仏閣(寺)がいくつもあります。「塔」はお釈迦様や聖者の遺品・遺物などを納めた重層の建築物で、「卒塔婆(そとば/ストゥーパ)」を略した名称です。聖なるものを大切に納めており、高さや華美を競うものではありません。普段は外観のみ拝観できる塔がほとんどですが、特別拝観期間を設けるなどして、初層など内部を拝観できる機会もあります。この記事では「塔」を持つ奈良の寺社をまとめて紹介します。どれも貴重な意味を持つ文化財です。立ち姿に見とれ、あるいは見上げ、そして周辺の自然や建造物との対照美を味わう「塔めぐりの旅」。新しい奈良を発見してください。

【■法起寺/三重塔/斑鳩町】

奈良の「塔」をめぐる

世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」の一部。三重塔としては日本最古。初層と二層の柱間が3間(約5.4m)、三層の柱間が2間(約3.6m)と特殊な設計がなされています。江戸時代の修理の際に改造されましたが、昭和の解体修理で創建当時の姿に復元されました。初秋のコスモス畑とあわせて見るのがおすすめ。

法起寺の詳細はこちら

 

 

【■法輪寺/三重塔/斑鳩町】

奈良の「塔」をめぐる

1944年に焼失するまで最古の三重塔として国宝に指定されていました。現存するのは1975年に再建されたもの。創建当初の飛鳥様式が踏襲されています。塔内には釈迦如来坐像と四天王像を安置しています。

法輪寺の詳細はこちら

 

 

【■百済寺/三重塔/広陵町】

奈良の「塔」をめぐる

『日本書紀』に「百済川の側に九重塔を建つ」とあり、聖徳太子が百済大寺と名づけたと伝えられています。現存する三重塔は鎌倉時代中期の建立といわれ、国の重要文化財。奈良市界隈や法隆寺周辺と違って、訪れる観光客は少なく、しかし、すらりと立つ姿は「隠れた名塔」と呼びたくなります。

百済寺の詳細はこちら

 

 

【■談山神社/十三重塔】

奈良の「塔」をめぐる

元は678年に建立されましたが、現存の塔は1532年再建。なぜ神社に仏塔が…? 神仏習合の時代の名残です。新緑や紅葉と調和する季節に訪ねるのがおすすめです。

談山神社の詳細はこちら

 

 

【■室生寺/五重塔/宇陀市】

奈良の「塔」をめぐる

屋外にある五重塔としては日本最小のスケールで、法隆寺五重塔に次いで古い塔だとされます。五重塔に至る石段の下から眺めると、山中の雰囲気と融和した風情を感じることができるでしょう。もちろん石段をのぼり、近くで見上げても感動します。

室生寺の詳細はこちら

お寺・神社のまとめ記事一覧→