国宝東塔初層特別開扉される薬師寺へ | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TEMPLE・SHRINE 奈良のお寺・神社情報

県208_薬師寺 東塔、西塔(東塔、西塔、回廊)na-ya-e07

国宝東塔初層特別開扉される薬師寺へ

世界遺産『古都奈良の文化財』に含まれる寺院、薬師寺。天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒のために薬師寺建立を発願されたのは天武9年(680年)のこと。平城遷都の後、養老2年(718年)に現在地へ移転したとされています。南都七大寺のひとつで、興福寺とともに法相宗の大本山です。
伽藍ではなんといっても、東塔と西塔が有名です。奈良時代から現存する東塔は「凍れる音楽」と絶賛された三重塔です。

2009年から行われていた東塔の解体大修理は2020年に完成しましたが、新型コロナウイルスの影響で落慶法要、一般公開が延期されていました。
その東塔がいよいよ2021年3月1日からお披露目されます(初層特別開扉)。金堂の薬師三尊像や東院堂(国宝)はもちろん、国宝水煙や食堂(じきどう)、玄奘三蔵院伽藍の平山郁夫筆「大唐西域壁画」も併せて特別公開されます。不安と閉塞感が漂うコロナ禍ですが、それを振り払うことを祈願する意味でも、特別な春になりそうです。

【薬師寺 国宝 東塔初層内陣特別開扉】の詳細はこちら

【奈良時代建築の至宝「薬師寺・東塔」①~③】

国宝東塔初層特別開扉される薬師寺へ

薬師寺・東塔を詳しく紹介した記事です。

奈良時代建築の至宝「薬師寺・東塔」①

奈良時代建築の至宝「薬師寺・東塔」②

奈良時代建築の至宝「薬師寺・東塔」③

【薬師寺(奈良市)】

国宝東塔初層特別開扉される薬師寺へ

世界遺産・薬師寺の詳細はこちら

 

【観光モデルコース/名刹・風景・伝統をじっくり巡る西ノ京コース】

国宝東塔初層特別開扉される薬師寺へ
薬師寺があるのは、奈良市の西ノ京エリア。奈良公園エリアに比べ、落ち着いた雰囲気に包まれています。薬師寺や唐招提寺などを拝観し、西ノ京エリアを巡って楽しむモデルコースです。

名刹・風景・伝統をじっくり巡る西ノ京コースの詳細はこちら

 

【観光情報まとめ/奈良県の塔をめぐる】

国宝東塔初層特別開扉される薬師寺へ
薬師寺の東塔・西塔(写真)をはじめ、奈良県内には長い歴史を刻む塔が多く立っています。壮麗、雄大、技術の粋を感じ取れる「塔」を巡ってみませんか。

奈良の「塔」をめぐるの詳細はこちら

HASHTAGS 関連タグ

お寺・神社のまとめ記事一覧→