山の辺の道 | 奈良観光・モデルコース・観光スポット・グルメ| 奈良ぶら

TOURISM 奈良の観光情報

AJ025025山の辺の道

山の辺の道

歴史の道をハイキング

  • 山の辺の道
  • 山の辺の道

奈良市の春日山と桜井市の三輪山に通じる古道。『古事記』『日本書紀』にも記載があり、歴史に記録された日本最古の道とされます。「山の辺」の呼称の通り、奈良盆地東縁の山々の裾野を縫うように延びています。自然や田園が豊かに広がり、歌碑も立ち、道沿いには大神神社、石上神宮など寺社のほか、崇神天皇や景行天皇のものと考えられる陵墓、古墳があります。歴史を感じながら歩けるハイキング道として親しまれ、奈良県観光局の「歩くなら」サイト(http://www3.pref.nara.jp/miryoku/aruku/dd.aspx?menuid=1195)などでウォーキングマップを入手できます。

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 山の辺の道
住所

奈良の観光スポット一覧→