東の滝(ひむかしの滝/東吉野村) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TOURISM 奈良の観光情報

東の滝

東の滝(ひむかしの滝/東吉野村)

万葉集にも詠われた、落差は小さいけれど、存在感のある名瀑

  • 東の滝(ひむかしの滝/東吉野村)

東吉野村にある丹生川上神社(中社)の東側を流れる高見川に架かる朱塗りの橋の少し下流に「夢淵」があり、そこへ注ぎ込む日裏川の“最後”のひと筋が、東の滝を形づくっています。
落差は10mもなく、高くありませんが、豊富な水量と岩に囲まれた狭い範囲によって、深く、神秘的な滝つぼを持っています。
滝の正面に注連縄が張られ、滝上には不動明王を祀る小さなお堂があります。
万葉集に「東の滝の御門に侍へど 昨日も今日も召すこともなし」(草壁皇子)と詠われた、由緒ある滝。しぶきがかかるほどの近い距離に橋があり、滝の力を間近に感じることができます。

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 東の滝(ひむかしの滝/東吉野村)
住所

〒633-2431 奈良県東吉野村小1159

奈良の観光スポット一覧→