奈良県立万葉文化館 | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TOURISM 奈良の観光情報

【県立万葉文化館】施設(提供)

奈良県立万葉文化館

TEL:0744-54-1850

『万葉集』やその時代の文化と魅力にふれる

  • 奈良県立万葉文化館

2019年5月1日に迎える新元号「令和」の典拠となり、全国的な注目を集める『万葉集』を中心とする総合文化拠点。奈良時代に編まれた『万葉集』は現存する日本最古の和歌集です。皇族・貴族から防人や市井の人々まで幅広い身分、地域の人々が詠んだ和歌が収められています。
編まれたのが奈良時代で、奈良で、あるいは奈良を詠んだ歌が最も多いことから、奈良は「万葉のふるさと」といえます。万葉文化館ではそうした万葉・古代の文化を調査研究し、展示などを通して、万葉の魅力を発信しています。
観覧のメインは、平山郁夫らが万葉集をモチーフに描いた「万葉日本画」をはじめ、さまざまな展覧会が開催される「日本画展示室」、万葉歌人が活躍した時代を映像などで紹介する「万葉劇場」、万葉時代の様子を再現した「歌の広場」、万葉集などに関する書籍・資料がそろう「万葉図書・情報室」など。
ほかに、万葉集にかかわる記念品やお土産を販売するミュージアムショップや明日香野菜カレーなどのメニューがそろうカフェレストランもあります。
企画展やイベント、講座などのスケジュールは、公式サイトでご確認ください。

万葉集の発祥を示す「萬葉集発耀讃仰碑」などを巡るモデルコースはこちら

奈良ぶらぶらハイキング

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 奈良県立万葉文化館
住所

〒634-0103 奈良県明日香村飛鳥10

電話番号 0744-54-1850
時間 【開館時間】10:00~17:30(入館は17:00まで)
ホームページ http://www.manyo.jp/
駐車場 あり(9:00~18:00※万葉文化館の開館日のみ)
  (普通車110台、バス7台)
その他 【休館日】月曜(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)、年末年始、展示替日
【観覧料】
入館無料(一般展示室、特別展示室)
日本画展示室/一般600円、学生500円、小人300円
※特別展開催時は別料金の場合あり
※団体料金あり
※障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料です。
【アクセス】
近鉄「橿原神宮前」駅、または「飛鳥」駅からバスで「万葉文化館西口」下車

奈良の観光スポット一覧→