蘇我入鹿首塚(明日香村) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TOURISM 奈良の観光情報

蘇我入鹿首塚_野中

蘇我入鹿首塚(明日香村)

権力を持ちすぎた飛鳥の豪族。

  • 蘇我入鹿首塚(明日香村)

蘇我入鹿は7世紀前半に権力を振るった豪族。その権力は皇室行事を独断で代行したり、皇位継承を操ろうとしたりするほどだったといわれます。強権的、越権的とみられた入鹿は、次天皇に推す皇子のライバルだった中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(藤原鎌足)によって暗殺されました(乙巳の変)。場所は飛鳥板蓋宮の大極殿で、皇極天皇の御前で斬りつけられるという劇的な事件でした。
入鹿の首塚は飛鳥寺から西へ80mほど、入鹿が邸宅を設けたという甘樫丘を望む場所にあります。暗殺されたときに首が飛んでいき、供養するために埋められた場所ともいわれています。

 

リンク「飛鳥寺」
https://kspkk.co.jp/temple/2232/

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 蘇我入鹿首塚(明日香村)
住所

〒634-0103 奈良県明日香村大字飛鳥

奈良の観光スポット一覧→