五百羅漢(壷阪寺奥の院)/高取町 | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TOURISM 奈良の観光情報

五百羅漢1_高取町提供

五百羅漢(壷阪寺奥の院)/高取町

森閑とした奥の院に刻まれた羅漢石仏群像

  • 五百羅漢(壷阪寺奥の院)/高取町
  • 五百羅漢(壷阪寺奥の院)/高取町
  • 五百羅漢(壷阪寺奥の院)/高取町

写真提供:高取町

羅漢とは、修行を積み、悟りに達した高僧のことで、特に釈迦の直弟子のうち高位の者をさす称号です。釈迦の入滅後、経典を編纂するために集まった羅漢が500人だったことから、各地に五百羅漢が造像されたり、描かれたりしています。

奈良でよく知られるのは、眼病封じや西国霊場などの寺として親しまれている壷阪寺(高取町)の五百羅漢です。

本堂(八角円堂)から東北の方角へ分け入っていくと、奥の院と称される場所があります。そこにある岩肌に無数の羅漢の石仏群が刻まれています。五百羅漢そのものも信仰の対象であることがうかがい知れます。

森閑とした雰囲気が、何かを感じさせ、手を合わせたくなります。周辺には、二十五菩薩像、五社明神像、両界曼荼羅などがあります。

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 五百羅漢(壷阪寺奥の院)/高取町
住所

〒635-0101 奈良県高取町大字高取

ホームページ http://www.tsubosaka1300.or.jp/
その他 本堂から徒歩約10分

HASHTAGS 関連タグ

奈良の観光スポット一覧→