初瀬ダム(桜井市) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TOURISM 奈良の観光情報

初瀬ダム1_ksp

初瀬ダム(桜井市)

大和川に築かれた静かなダム。堤の真下近くまで行けます。

  • 初瀬ダム(桜井市)
  • 初瀬ダム(桜井市)
  • 初瀬ダム(桜井市)
  • 初瀬ダム(桜井市)
  • 初瀬ダム(桜井市)

長谷寺を過ぎ、県道38号桜井都祁線をさらに上ると、堤高55mの初瀬ダムが視界に飛び込んできます。1987年(昭和62年)に本体工事が完了した重力式コンクリートダムで、総貯水容量は439万立方mに達します。大和川の洪水調節、河川維持用水の補給、桜井市の上水道用水の供給を目的とする多目的ダムです。

 

ダムの周囲は緑の山々に囲まれ、静けさの中に水をたたえており、「まほろば湖」とも呼称されています。長さ212.5mある堤の南側に展望広場があり、近くのテラス状のスペースからダムのスケールを体感することができます。

 

長谷寺参拝の後、足を延ばして初瀬ダムを見学し、笠地区に立ち寄って蕎麦に舌鼓…は、おすすめの周遊コースです。

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 初瀬ダム(桜井市)
住所

〒633-0112 奈良県桜井市大字初瀬363

駐車場 あり

HASHTAGS 関連タグ

奈良の観光スポット一覧→