【聖徳太子】鹿塚(斑鳩町) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TOURISM 奈良の観光情報

鹿塚_7084_01

【聖徳太子】鹿塚(斑鳩町)

犬に噛み殺された鹿の冥福を祈って、聖徳太子は鹿の墓を造りました。

  • 【聖徳太子】鹿塚(斑鳩町)

国道25号から路地を入った住宅街にある、聖徳太子ゆかりの塚。次のような伝説が語り継がれています。
いわく―、聖徳太子が家来とともに当地を通りがかった際、たまたま出会った鹿の足に家来の飼い犬が噛みつきました。聖徳太子はケガをした鹿の手当てをし、逃がしてやりました。
しかし、後日、再びその鹿と犬が遭遇し、今度は犬が鹿を噛み殺してしまいました。
聖徳太子はこの出来事は、前世の宿業(前世の行為の報いが現世に現れること)によるものと考えました。そして、うらみの深さを現世で断ち切るため、死んだ鹿の冥福を祈って墓を造りました。鹿を殺してしまった犬もやがて死にましたが、聖徳太子は鹿の墓のそばに犬の墓も造ったといいます。
鹿塚は、この伝説を忘れないようにと建てられ、地元の人々が花や木を植えて大切に管理しています。

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 【聖徳太子】鹿塚(斑鳩町)
住所

〒636-0152
奈良県斑鳩町龍田4丁目1-28

時間 自由
その他 【ご注意】
住宅街にあるため、見学の際はゴミの持ち帰りや騒音抑止等にご協力ください。

HASHTAGS 関連タグ

奈良の観光スポット一覧→