【聖徳太子】駒塚古墳(斑鳩町) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

駒塚古墳1_01

【聖徳太子】駒塚古墳(斑鳩町)

聖徳太子の愛馬ここに眠る、という伝承地

  • 【聖徳太子】駒塚古墳(斑鳩町)
  • 【聖徳太子】駒塚古墳(斑鳩町)

聖徳太子こと厩戸皇子は午年生まれ。馬との縁に恵まれていたのか、ある駿馬と深い絆で結ばれました。この駿馬は甲斐の国(今の山梨県周辺)から献上された「甲斐の黒駒」で、聖徳太子は「青い体、白い脚」を持った駿馬をひと目で気に入り、愛馬としたそうです。
聖徳太子がその背に乗ると、黒駒は天高く飛び上がり、甲斐の国にある富士山を越えて、信濃国も巡って、大和に帰還したという伝説も残されています。
駒塚古墳はこの聖徳太子の愛馬を埋葬したという伝承地。実際には聖徳太子以前の古墳時代中期に造られた前方後円墳だと考えられています。
なお、法隆寺(斑鳩町)と橘寺(明日香村)の境内に、黒駒の像が祀られています。

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 【聖徳太子】駒塚古墳(斑鳩町)
住所

〒636-0105
奈良県斑鳩町東福寺1丁目39

駐車場 なし

HASHTAGS 関連タグ

奈良の観光スポット一覧→