• 行事・イベント

夏越大祓(なごしのおおはらえ)茅の輪くぐり/往馬大社(生駒市)

2024年6月30日(日)
茅の輪をくぐって罪ケガレを落とし、健康長寿を祈る神事です。
写真提供:往馬大社(吉川章氏)

生駒山をご神体として祀る古社・往馬大社(いこまたいしゃ)で、半年に1回行われる大祓のうち、6月に行われる夏越大祓・茅の輪くぐりです。

 

神官によって神事が執り行われた後、参拝者は茅の輪をくぐります。

茅の輪をくぐることによって、半年間の罪やケガレを落として身を清めます。

 

輪をくぐって左へ回り、次は右へ回り、と3回くぐるのが習わしで、その際「水無月のなごしの祓いする人はちとせの命のぶというなり」と唱えたり、茅の葉を持ち帰って輪にして玄関に飾ったりする風習もあります。

 

おとなも子どもも、拝殿、本殿へと続く階段下に設置された大きな茅の輪をくぐって、健康な心身で、夏を乗り切りましょう。

Hashtags