• 行事・イベント

特別陳列 江戸時代のきもの(奈良県立美術館)

2024年7月13日(土)~2024年8月25日(日)
かつて「小袖」と呼ばれたきものがどのような過程で華やかな表着になり、性別や身分を問わずに着られる衣服として普及したのか。江戸時代のコレクションから、きものと服飾文化に迫ります。 【前期2024年7月13日(土)~8月4日(日)/後期2024年8月6日(火)~8月25日(日)】

きもの…日本の民族衣装として認知されているものの、現代では着る機会が少なくなった、あるいはまったく着ないという人が多いかもしれませんが、礼服や晴れ着として着用したことがある人も少なくないでしょう。

 

きものは古くは「小袖」と呼ばれ、室町時代後半ごろに表着として定着して以来、日本における一般的な衣服として着られてきました。

 

明治時代以降、洋服が普及しても、きものは日本の文化を象徴する衣装であり続けています。現在でも七五三や成人式といった節目では多くの人がきものを着ます。夏にはゆかたを着て夕涼みやお祭りに出かける人も見かけます。

 

そのような「きもの」ですが、着付け方を含めて、分かっているようで説明できないことも多いのではないでしょうか。

 

本展では奈良県立美術館所蔵の吉川観方コレクションから江戸時代の女性のきものを中心に展示し(出品数合計120件)、日本の伝統文化の一つである「きもの」と、きものにまつわる服飾文化をお楽しみいただけます。

 

■展示構成

序:人生の節目を彩るきもの

…産衣や婚礼衣装など、人生の節目を飾るきものたち

 

第1章:「きもの」はいつからあるの?―きものの前身「小袖」、その成り立ち

…公家たち上流階級の人々が表着の下に着用していた「小袖」は次第に表着へ“昇格”していき、元々庶民が着ていた小袖形の着衣の質も向上して表着として定着しました。二つの流れが一体化、「小袖」は主要な衣服になっていきました。きものの前身である「小袖」がどのように服装の主役になっていったのかを振り返ります。

 

第2章:きものの種類いろいろ―着方、素材、着る季節

…振袖、打掛、布子(ぬのこ)、帷子(かたびら)、単衣(ひとえ)など、名称を含めた様々な違いに注目して紹介します。

 

特集展示:帷子の模造を試みる

 

第3章:江戸時代のきもの―技法の発展と意匠の変遷

…小袖にどのような文様をあしらい、装飾を施してきたのか。小袖をはじめとする江戸時代の着物に見られる技法の発展とデザインの変遷をたどります。

 

第4章:身分による装いの違い 武家の小袖、公家の小袖

性別・年齢・身分に関係なく着られるようになった小袖ですが、やはり身分や階層によってデザインの傾向が分かれるようになりました。武家の小袖、公家の小袖の観点から特徴を紹介します。

Hashtags