特別公開「金峯山寺 金剛力士立像」(奈良国立博物館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

チラシ20210222kinpusenji-1

特別公開「金峯山寺 金剛力士立像」(奈良国立博物館)

開催期間:2021年02月23日〜2028年度(予定)

吉野・金峯山寺の仁王門(国宝)に“仁王立ち”する迫力の金剛力士立像が特別公開されています。※金峯山寺仁王門修理完了まで(令和10年度予定)

  • 特別公開「金峯山寺 金剛力士立像」(奈良国立博物館)
  • 特別公開「金峯山寺 金剛力士立像」(奈良国立博物館)

なら仏像館、青銅器館、東新館、西新館の4つのギャラリーがある奈良国立博物館。例年秋開催の「正倉院展」の会場としても知られています。
飛鳥時代から鎌倉時代の日本の仏像を中心に所蔵する「なら仏像館」は、明治27年(1894年)に完成した奈良最初の本格西洋建築です。奈良県内をはじめとする仏閣から多くの仏像を寄託されており、「なら仏像館」では、そうした国宝、重要文化財を含む常時およそ100体の仏像を展示しており、観覧することができます。

 

その「なら仏像館」で、奈良県吉野町の金峯山寺仁王門(国宝)に安置される金剛力士立像2軀が、仁王門修理期間中、特別公開されています。
高さが阿形505.8㎝、吽形506.2㎝あるこの金剛力士立像は、南北朝時代の延元3年(1338年)から翌年にかけて造られたもので、忿怒相(ふんぬそう)と全身にみなぎる力動感は圧巻で、見る者を圧倒させる迫力です。

 

金峯山寺仁王門の修理が終わる予定の令和10年度(2028年度)までの特別公開です。

 

本特別公開とあわせて、名品展「珠玉の仏たち」も開催され、観覧できます(展示される仏像は公式サイトで紹介されています)。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 特別公開「金峯山寺 金剛力士立像」(奈良国立博物館)
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50

奈良国立博物館「なら仏像館」

開催期間 2021年02月23日〜2028年度(予定)
開催時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
お問い合わせ先 050-5542-8600(ハローダイヤル)
その他 ★新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にご協力をお願いします。
★臨時に開館時間、休館日を変更することがあります。

【休館日】
月曜
※休日の場合はその翌日休。連休の場合は最終日の翌日休。
12月28日~1月1日

【観覧料金】
一般:700円
大学生:350円
※高校生以下および18歳未満、70歳以上は無料。
※障がい者手帳、またはミライロID(スマートフォン向け障がい者手帳アプリ)をお持ちの方と介護者1名は無料。
※特別展の観覧料金は、別途定めます。

■各種割引(割引サービスは併用できません)
親子割引:高校生以下および18歳未満の方と一緒に観覧される方は、一般100円引き、大学生50円引き。
レイト割引:開館時間延長日(公式サイトでご確認ください)の17時以降に観覧される方は、一般100円引き、大学生50円引き。

【無料観覧日】(名品展のみ)
節分の日
国際博物館の日(5月18日)
関西文化の日
おん祭お渡り式の日(12月7日)

【アクセス】
近鉄奈良駅から徒歩約15分

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→