特別展 生誕200周年記念 森川杜園展(奈良県立美術館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

01_能人形 牛若・熊坂 森川杜園 明治時代(19世紀) 東京国立博物館所蔵 ImageTNM Image Archives キャプション付

特別展 生誕200周年記念 森川杜園展(奈良県立美術館)

開催期間:2021年09月23日〜2021年11月14日

絵師・彫工・狂言師として幕末から明治時代に活躍した森川杜園の生誕200周年を記念して約200点の作品を展示。傑出した妙技と芸術の魅力に迫ります。

  • 特別展 生誕200周年記念 森川杜園展(奈良県立美術館)
  • 特別展 生誕200周年記念 森川杜園展(奈良県立美術館)
  • 特別展 生誕200周年記念 森川杜園展(奈良県立美術館)

森川杜園(1820-1894)は幕末から明治にかけて、多くの名作・傑作を制作した彫工です。現在の奈良市で生まれ、奈良を拠点に、奈良人形(一刀彫)を中心に才能を発揮しました。古都奈良の風雅な伝統美を造形上の理想に掲げ、傑出した彫技と彩色の技が成す表現力豊かな作品を多く制作しました。本特別展には、奈良人形、鹿彫、模写・模造など、華麗かつ精緻な杜園の名品が会します。

 

【展示構成】
1.奈良人形(一刀彫)
奈良人形、根付や香合などの細工物、春日信仰に通じる鹿彫、この3テーマで傑作を紹介します。

 

2.書画・関連資料
森川杜園の絵画作品や書跡類などを展示。古都奈良の伝統美を芸術上の理想に掲げた杜園の芸術観を育んだ背景に迫ります。

 

3.模写・模造
正倉院宝物をはじめとする名宝の模写・模造作品を中心に展示。卓越した彫技と高度な彩色技術が鑑賞できます。

 

4.杜園とその周辺
森川杜園と交流のあった彫工たちの作品を展示。明治期の立体造形が持つ多様性を概観するとともに、日本近代彫刻史における杜園の位置づけを再考します。

 

【出品点数:約200点(予定)】

 

【一部の作品は会期中に展示替えがあります】
前期:9月23日~10月17日
後期:10月19日~11月14日

 

【会期中の催し】
◆講演会「森川杜園とその芸術」
 講師:淺井允晶氏(堺女子短期大学名誉教授)
 日時:10月31日(日)14:00~(約90分)
 定員:30名(事前申込制)

 

◆美術講座A「彫工から彫刻家へ―森川杜園とその時代」
 講師:松川綾子氏(奈良県立美術館指導学芸員)
 日時:10月10日(日)14:00~(約90分)
 定員:30名(事前申込制)

 

◆美術講座B「森川杜園とその前後―江戸後期から明治時代の奈良人形師たち」
 講師:飯島礼子氏(奈良県立美術館主任学芸員)
 日時:10月24日(日)14:00~(約90分)
 定員:30名(事前申込制)

 

◆奈良県立美術館学芸員によるギャラリートーク(作品解説)
 日時:9月25日、10月16日、11月6日(いずれも土曜)14:00~

 

※参加には観覧券が必要です。
※講演会・美術講座は予約制です。奈良県立美術館ホームページでご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の状況によって実施方法などを変更する場合があります。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 特別展 生誕200周年記念 森川杜園展(奈良県立美術館)
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町10-6

奈良県立美術館

開催期間 2021年09月23日〜2021年11月14日
開催時間 9:00~17:00
(入館は16:30まで)
ホームページ http://www.pref.nara.jp/11842.htm
お問い合わせ先 0742-23-3968
その他 【観覧料】
一般:800円
大・高生:600円
中・小生:400円
※団体料金の設定はありません。
※次の方は無料です。
 ①身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1人
 ②外国人観光客(長期滞在者・留学生含む)と付添の観光ボランティアガイドの方

【休館日】
月曜
※11月1日・8日は開館します。

【アクセス】
近鉄奈良駅1番出口から奈良公園に向かって徒歩約5分
JR奈良駅東口バス乗り場からバスで約5分「県庁前」下車

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→