祈りと救いの仏教美術(大和文華館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

仏教美術展 A4web-1

祈りと救いの仏教美術(大和文華館)

開催期間:2021年08月27日〜2021年10月03日

日本人の祈りを受け止めてきた仏教美術を鑑賞

  • 祈りと救いの仏教美術(大和文華館)
  • 祈りと救いの仏教美術(大和文華館)
  • 祈りと救いの仏教美術(大和文華館)
  • 祈りと救いの仏教美術(大和文華館)
  • 祈りと救いの仏教美術(大和文華館)

仏教は日本伝来して以降、我が国の風土に根付き、天地の森羅万象と人々を通じあわせ、信仰を広げ、人々の物心に豊かな彩りを添えてきました。そのなかで、人々はさまざまな祈りを捧げてきました。
本展は、そうした祈りを受け止めてきた仏教絵画を中心に展示されます。精緻を極めた筆致で描かれた絵画、金銀を尽くして装飾された経典、仏の姿を刻んだ“スタンプ”で数多く印捺して仏像の胎内に納められた仏教版画、庶民にも伝わった仏教美術など、51件が出陳予定です。
こんな時代情勢だからこそ、過去の人々が祈りと救いを寄せ合った仏教美術にふれてみてください。

 

【構成】
Ⅰ「仏教東漸 教えを伝える形とことば」
Ⅱ「仏と神に護られて」
Ⅲ「祖師と高僧のおもかげ」
Ⅳ「江戸時代の巷の信心」
Ⅴ「数に祈りをこめて 仏教版画の世界」

 

【主な出陳品】
一字蓮台法華経(平安時代/国宝)
笠置曼荼羅図(鎌倉時代/重要文化財)
子守明神像(南北朝時代)
法然上人絵伝断簡(鎌倉時代~南北朝時代)
雷と奴図(江戸時代)
阿弥陀如来像(浄瑠璃寺阿弥陀如来像納入品)(平安時代)

 

【スライドによる展覧会解説】
期間中の毎週土曜日
14:00~/講堂
解説:大和文華館学芸員

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 祈りと救いの仏教美術(大和文華館)
開催場所

〒631-0034 奈良県奈良市学園南1丁目11-6

大和文華館

開催期間 2021年08月27日〜2021年10月03日
開催時間 10:00~17:00(受付は16:00まで)
ホームページ https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
お問い合わせ先 0742-45-0544
その他 【入館料】
一般:630円
大学・高校生:420円
中学生以下:無料

【期間中の休館日】
月曜
※9月20日(月・祝)は開館し、翌21日(火)休館

【アクセス】
近鉄学園前駅から徒歩約7分
※駐車場あり(無料)

★新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いいたします。
★新型コロナウイルス感染拡大の状況によって、本展が中止・変更になる場合があります。

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→