秋期特別展「屋根を彩る草花 ―飛鳥の軒瓦とその文様」(奈良文化財研究所 飛鳥資料館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

飛鳥資料館チラシPDF-1

秋期特別展「屋根を彩る草花 ―飛鳥の軒瓦とその文様」(奈良文化財研究所 飛鳥資料館)

開催期間:2021年10月15日〜2021年12月19日

多くの寺院が建てられた飛鳥時代。その瓦(特に軒瓦)の文様にご注目。

  • 秋期特別展「屋根を彩る草花 ―飛鳥の軒瓦とその文様」(奈良文化財研究所 飛鳥資料館)
  • 秋期特別展「屋根を彩る草花 ―飛鳥の軒瓦とその文様」(奈良文化財研究所 飛鳥資料館)

伝来した仏教が根付いた奈良県には多くの寺院があります。そして、飛鳥(明日香村)は日本で最初に本格的な寺院がつくられた地として有名で、7世紀を通じて数多くの寺院が建立されました。

 

7世紀当時、建物に瓦を葺くことは高度な技術が必要でした。しかし、瓦を葺くことで寺院のお堂などの建物は設計や見た目の重厚さが大きく変化しました。当時は、瓦葺きの屋根を持つ寺院は権威や大陸由来の先進文化の象徴でもありました。

 

お寺に参拝した際、堂塔や仏像には注目しても、屋根に乗っている瓦に見入る人は少数派といえるかもしれません。しかし、発掘・出土した古代の瓦や、いつしか葺き直されて現在の屋根に乗っている瓦に注目すると、その軒先に草花をモチーフにした文様があしらわれていることに気づきます。そうした草花の文様は、瓦屋根の導入初期から様々なデザインが採用され、代表的なものとして、ハスの花(蓮華)や唐草の文様があります。

 

軒瓦文様のモチーフは東アジアやそのさらに西の地域にルーツがあり、同じ草花をモチーフにしていても、伝わっていく過程で様々なデザインが生まれ、独特の世界観が表現されました。

 

本展では、飛鳥地域で使われた古代の軒瓦文様に焦点が当てられます。古代日本にもたらされた軒瓦文様を鑑賞し、その変化や違い、そして飛鳥を中心としたその後の展開までご覧いただくことができます。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 秋期特別展「屋根を彩る草花 ―飛鳥の軒瓦とその文様」(奈良文化財研究所 飛鳥資料館)
開催場所

〒634-0102 奈良県明日香村奥山601

奈良文化財研究所 飛鳥資料館

開催期間 2021年10月15日〜2021年12月19日
開催時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
ホームページ https://www.nabunken.go.jp/asuka/
お問い合わせ先 0744-54-3561
その他 【料金】
一般:350円
大学生:200円
高校生および18歳未満:無料
70歳以上:無料
※障がい者の方とその介護者各1名は無料です(要手帳提示)
※庭園のみの見学は無料です。

【休館日】
月曜(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
年末年始(12月26日~1月3日)

【アクセス】
近鉄橿原神宮前駅・飛鳥駅から、明日香周遊バスで「明日香奥山・飛鳥資料館西」下車、徒歩約3分
※駐車場あり(大型車は有料)

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→