特別企画展「日本のやきもの-縄文土器から近代京焼まで-」(大和文華館)(奈良市) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

七代目錦光山宗兵衛・青磁石蕗文瓶(個人蔵)_キャプション

特別企画展「日本のやきもの-縄文土器から近代京焼まで-」(大和文華館)(奈良市)

開催期間:2022年01月05日〜2022年02月13日

力強い生命力に満ちた縄文土器から、技術の粋を結集した近代京焼までを展示・紹介します。

  • 特別企画展「日本のやきもの-縄文土器から近代京焼まで-」(大和文華館)(奈良市)

日本において1万年以上前にさかのぼることができるやきものの歴史。人々の生活を豊かに彩ってきた日本のやきものの変遷を楽しめる展示です。

様々な文様や装飾形状が見られる縄文土器は生活に実用されただけでなく、祭祀・儀礼的な用途もあったのでしょう。その後、奈良時代に施釉陶器が焼かれるようになり、鎌倉~室町時代にはいわゆる六古窯と呼ばれる常滑窯、瀬戸窯、越前窯、信楽窯、丹波窯、備前窯のほか各地で製陶が盛んになりました。

そして江戸時代になり、佐賀・有田の柿右衛門が赤絵技法を完成させ、色絵陶器が誕生。その技法が各地に広まり、京都では野々村仁清が京焼色絵陶器の陶工として名をあげ、その後も様々な名工たちが活躍しました。

大地(土)や火のエネルギーをそのまま形にしたような縄文土器から、精緻極まる技巧が冴える近代京焼まで、約1万年にわたる日本のやきものの歴史と変遷を鑑賞することができます。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 特別企画展「日本のやきもの-縄文土器から近代京焼まで-」(大和文華館)(奈良市)
開催場所

〒631-0034 奈良県奈良市学園南1-11-6

大和文華館

開催期間 2022年01月05日〜2022年02月13日
開催時間 10:00~17:00(入館は16:00まで)
ホームページ https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
お問い合わせ先 0742-45-0544
その他 【入館料】
一般:630円
高校・大学生:420円
小中学生以下:無料

【休館日】
月曜 ※祝日の場合は開館し、次の平日休館

【アクセス】
近鉄学園前駅から徒歩約7分
※駐車場あり

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→