貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―(奈良国立博物館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

chujyouhime_B2_G_OL

貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―(奈良国立博物館)

開催期間:2022年07月16日〜2022年08月28日

伝説的な當麻曼荼羅を江戸時代に写した「貞享本」が本格修理後、初公開されます。「奇跡の曼荼羅」を細部までじっくりと鑑賞!

  • 貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―(奈良国立博物館)
  • 貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―(奈良国立博物館)

當麻寺のご本尊「綴織當麻曼荼羅」は、中将姫が蓮の糸を使って一夜で織りあげたとされる国宝です。中将姫は奈良時代の伝説に残る女性で、有力貴族の娘でありながら、継母に疎まれ、二上山(葛城市)山麓の當麻寺に入りました。そこで尼僧となり、極楽浄土に召されることを祈り続け、先の當麻曼荼羅を織りあげたと伝えられています。

 

この奈良時代に織られたとされる當麻曼荼羅を、江戸時代に写したものが「貞享本當麻曼荼羅」で、貞享3年(1686年)に完成しました。その本格修理がこのたび完成したことを記念して、修理後の貞享本當麻曼荼羅をご覧いただける特別展です。

 

修理の過程で判明した新しい資料をはじめ、修理プロジェクトの全貌が紹介されます。また、當麻曼荼羅信仰や中将姫信仰についてもスポットを当て、中世・近世以来、長期に多くの人々から親しまれてきた中将姫にもフォーカスします。

 

ゆかりの當麻寺(〒639-0276 奈良県葛城市當麻1263)では、下記期間で協賛企画が行われます。

国宝「東塔・西塔」初層特別開扉(當麻寺)
2022年7月16日~8月28日の【土日祝】限定開催

 

 

※新型コロナウイルス感染症拡大予防対策にご理解とご協力をお願いいたします。

 

※会期・開館時間等は諸事情により変更する場合があります。詳しくは、奈良国立博物館公式サイトでご確認ください。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展 中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―(奈良国立博物館)
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50

奈良国立博物館

開催期間 2022年07月16日〜2022年08月28日
開催時間 9:30~18:00(土曜は19:00まで)
(入館は閉館の30分前まで)
ホームページ https://www.narahaku.go.jp/
お問い合わせ先 050-5542-8600(ハローダイヤル)
その他 【入館料】
一般 1,600円(1,400円)、高大生 1,000円(800円)、小中生 500円(300円)
※( )内は、前売料金です。

【休館日】
月曜と2022年7月19日(火)
※7月18日(月祝)と8月15日(月)は開館します。

【アクセス】
近鉄奈良駅から興福寺、東大寺、春日大社方面へ、徒歩約11分

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→