第90回企画展「館蔵資料から見る 神仙思想と道教」(天理大学附属天理参考館) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

天理参考館チラシ「神仙思想と道教」-1

第90回企画展「館蔵資料から見る 神仙思想と道教」(天理大学附属天理参考館)

開催期間:2022年07月13日〜2022年09月05日

道教の世界に迫る貴重な資料を公開

  • 第90回企画展「館蔵資料から見る 神仙思想と道教」(天理大学附属天理参考館)
  • 第90回企画展「館蔵資料から見る 神仙思想と道教」(天理大学附属天理参考館)

第90回企画展は「道教」がテーマです。道教は儒教、仏教と並んで中国三大宗教のひとつとされ、様々な神々が祀られています。いくつもの流派があり、その多くは不老長生を理想としています。

 

中国で発展し、現在でも広く浸透している道教を、ルーツのひとつといわれる「神仙思想」、道士たちが目指す「不老長生」、不老長生を実現するために行う「儀礼」、さらに「道教や民間信仰の神々」という4つの視点で紹介します。

 

神仙思想に関係する考古美術資料や道教関連資料は、公開される機会はそう頻繁にはありません。それらが一堂に会するこの企画展は、神仙思想と道教の世界を感じ取ることができる好機といえます。

 

<主な展示>
神像「関羽」(台湾 20世紀中期)
神像「千里眼」「媽祖」「順風耳」(台湾 20世紀中期)
王爺の神轎(台湾台南市 19世紀後期)
青銅禽亀飾博山炉(中国 前漢時代)
ほか

 

<関連イベント>
★いずれも要事前申込。申込受付は2022年7月1日~。詳細は天理参考館ホームページでご確認ください。

 

◆記念講演会「中国考古資料に表現された神仙世界」
 2022年7月16日(土)13:30~14:30/定員30名

 

◆記念講演会「道教の不可思議な世界-仙人から疫病払いの儀式まで-」
 2022年8月28日(日)13:30~14:30/定員30名

 

◆トーク・サンコーカン(講演会)「道教の儀礼用具と神像-当館所蔵資料を中心に-」
 2022年8月8日(月)13:30~14:30/定員30名

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 第90回企画展「館蔵資料から見る 神仙思想と道教」(天理大学附属天理参考館)
開催場所

〒632-8540 奈良県天理市守目堂町250

天理大学附属天理参考館(3階企画展示室)

開催期間 2022年07月13日〜2022年09月05日
開催時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
ホームページ https://www.sankokan.jp/
お問い合わせ先 0743-63-8414
その他 【入館料】
大人:500円
小中高校生:300円
団体(20名以上):400円
※障がい者とその介護者1名は無料です。障がい者手帳またはミライロIDをご提示ください。
※各種割引あり(JAF会員、南都銀行Cotocaカード、KIPSカードなど)

【会期中の休館日】
2022年7月19日(火)、8月9日(火)
8月13日(土)~17日(水)
8月23日(火)、8月30日(火)

【アクセス】
JR・近鉄天理駅から徒歩約20分
※路線バスあり
※駐車場あり(無料)

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→