吉野川・柳の渡し(大淀町) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

TOURISM 奈良の観光情報

吉野川柳の渡し_6019_ksp

吉野川・柳の渡し(大淀町)

万葉集にも詠まれた吉野川・六田の淀にあった渡し場

  • 吉野川・柳の渡し(大淀町)
  • 吉野川・柳の渡し(大淀町)
  • 吉野川・柳の渡し(大淀町)

吉野川の通称「六田(むだ)の淀」を往来した渡し場の跡。北岸の大淀町北六田と南岸の吉野町六田を結んでいた渡しで、昭和11年に美吉野橋が架かるまで利用されていました。
案内板によると、醍醐寺の開祖・聖宝理源大師が平安時代に開いたとあり、長い歴史の中で、吉野川にあった「桜の渡し」「椿の渡し」「桧の渡し」とともに、重要な役割を果たしてきたことがうかがえます。
大淀町側には、現在、柳の木が2本立ち、また、元来の渡し場から移設された江戸時代の石灯篭や道標を見ることができます。

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 吉野川・柳の渡し(大淀町)
住所

〒639-3124 奈良県大淀町大字北六田

駐車場 なし
その他 【アクセス】
近鉄吉野線「六田」駅から徒歩約8分

奈良の観光スポット一覧→