企画展「奈良県立美術館所蔵名品展 奈良県美から始める展覧会遊覧」 | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

奈良県美3_浜田葆光《水辺の鹿》リサイズ_01_キャプション

企画展「奈良県立美術館所蔵名品展 奈良県美から始める展覧会遊覧」

開催期間:2022年02月05日〜2022年03月27日

美麗、有名、貴重、斬新、あれやこれ。あなたの知らない奈良県美、ご覧にいれます!(会期中一部展示替えあり/[前期]2022年2月5日~27日、[後期]2022年3月1日~27日)

  • 企画展「奈良県立美術館所蔵名品展 奈良県美から始める展覧会遊覧」
  • 企画展「奈良県立美術館所蔵名品展 奈良県美から始める展覧会遊覧」
  • 企画展「奈良県立美術館所蔵名品展 奈良県美から始める展覧会遊覧」
  • 企画展「奈良県立美術館所蔵名品展 奈良県美から始める展覧会遊覧」

奈良県立美術館は、日本画家で風俗史研究家の吉川観方氏からコレクションの寄贈を受け、昭和48年(1973年)に開館しました。以来、篤志家から数多くの寄贈を受け、現在まで奈良のアートを収集・保存し、展示し続けてきました。

 

所蔵作品は、日本の書画、洋画、版画、近代陶磁器、染織品、刀剣甲冑、浮世絵、ポスターデザインなど多種多様に及び、あわせて、富本憲吉や田中一光など奈良出身の芸術家を紹介する展覧会を企画・開催しています。

 

本展では、所蔵するコレクションが「寄贈者の好み」と「奈良ゆかりの美術」という2つのテーマで展示されます。ジャンルを越えて集う名品の数々。それらの魅力と奈良県立美術館の存在が広く、強く、濃く、発信されますので、存分に堪能してください。

 

<内容>
・吉川観方コレクション 約60点
・富本憲吉作品、奈良ゆかりの工芸作品 約20点
・大橋嘉一コレクション 約20点
・奈良ゆかりの絵画、彫刻作品 約35点
・由良哲次コレクションなど 約35点

 

★会期中一部展示替えがあります。
[前期]2022年2月5日(土)~27日(日)
[後期]2022年3月1日(火)~27日(日)

奈良県立美術館の詳細情報記事はコチラです。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 企画展「奈良県立美術館所蔵名品展 奈良県美から始める展覧会遊覧」
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町10-6

奈良県立美術館

開催期間 2022年02月05日〜2022年03月27日
開催時間 9:00~17:00(入館は閉館の30分前)
ホームページ https://www.pref.nara.jp/11842.htm
お問い合わせ先 0742-23-3968
その他 【観覧料】
一般:400円
大学・高校生:250円
中学・小学生:150円

※次の方は無料で観覧できます。
・65歳以上の方、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1人
・外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方
・教職員に引率された奈良県内の小中高校およびこれに準ずる学校の児童生徒
・毎週土曜日は県内外問わず、小中高生およびこれに準ずる学校の児童生徒

【休館日】
月曜
※2022年3月7日、14日、21日は開館します。

【アクセス】
近鉄奈良駅①出口から徒歩約5分

【新型コロナウイルス感染症拡大防止対策へのご協力をお願いいたします】
マスクの着用、手指消毒などにご協力をお願いいたします。
会期中、入場制限や実施方法の変更を行う可能性があります。
最新の情報は公式サイトおよびSNSをご確認ください。

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→