• 行事・イベント

冬季特別展「貴族の誇り・武士の魂 -関白・将軍の刀など-」(春日大社国宝殿)

2023年12月23日(土)~2024年3月31日(日)
神・霊力が宿る神宝として貴族や武士たちによって春日大社に捧げられた刀剣たち。

今回の冬季特別展でスポットを当てるのは「刀剣」です。

 

刀剣は古代より神あるいは霊力の宿るものと考えられてきました。春日大社の御神宝としても不可欠なもので、大宮・若宮の神々には数多くの刀剣が捧げられています。

 

貴族たちは皇室や国家をまもるために刀剣を持ち、伝えました。

武士たちは様々な武具のうち、特に刀剣を我が身の魂として、大切に扱いました。

 

そして、春日大社には関白や将軍たちが奉納した貴重な刀剣も伝わります。

また、祭礼においても奈良時代、平安時代の昔から刀剣が用いられています。

刀剣が祭礼のなかでどのような役割を果たしているのか。

絵画にはどのように描かれてきたのか。

そのような視点もふまえて、春日大社で生きている刀剣の文化も紹介されます。

 

【会期】

前期:2023年12月23日(土)~2024年2月4日(日)

後期:2024年2月6日(火)~2024年3月31日(日)

 

【主な展示品】

国宝 紫檀地螺鈿飾剣(平安時代)※後期展示

国宝 沃懸地獅子文毛抜形太刀(鎌倉時代)※前期展示

国宝 金装花押散兵庫鎖太刀(南北朝時代)

重文 金銅柏文兵庫鎖太刀(南北朝時代)

Hashtags