古宮遺跡(明日香村) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

古宮遺跡_4849

古宮遺跡(明日香村)

推古天皇の小墾田宮ではないか。いやそうじゃなかった…という遺跡。

  • 古宮遺跡(明日香村)
  • 古宮遺跡(明日香村)

推古天皇が遷都した小墾田宮(おはりだのみや)だと推定されてきた遺跡です。しかし、昭和45年の発掘調査で、推古天皇時代の庭園跡であることが判明しました。一方で、飛鳥川を挟んで東にある雷丘東方遺跡で、奈良時代の井戸から「小治田宮」(おはりだのみや)の墨書がある土器が多数出土したことから、「小治田宮」または「小墾田宮」は古宮遺跡ではなく、雷丘東方遺跡が最有力地と考えられるようになりました。

 

古宮遺跡は、明治時代に金銅製四環壷が出土したようで、また現在駐車場になっている範囲からも7世紀の建物群が見つかっていますが、現在目に見える遺構らしい遺構は、一本の木が立つ古宮土壇のみとなっています。今では蘇我氏の庭園だったとする見方が有力です。前述した駐車場の北東角に解説板があり、今なお残る土壇を見ることができます。

INFORMATION 観光スポット基本情報

施設名 古宮遺跡(明日香村)
住所

〒634-0107 奈良県明日香村豊浦

時間 周辺自由
その他 【見学自由】
※本文に出てくる駐車場は有料(普通車1日500円)です。

【アクセス】
近鉄橿原神宮前駅から徒歩約19分
同駅から奈良交通バス「豊浦駐車場」下車すぐ

HASHTAGS 関連タグ

奈良の観光スポット一覧→