奈良国立博物館 修理完成記念特別展 糸のみほとけ‐国宝綴織當麻曼荼羅と繍仏‐ | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

05-1 刺_霊鷲山釈迦如来説法図(英国・大英博物館)(提供)

奈良国立博物館 修理完成記念特別展 糸のみほとけ‐国宝綴織當麻曼荼羅と繍仏‐

開催期間:2018年07月14日〜2018年08月26日

綴織や刺繍のほとけ様。木造仏像や仏画とは違った魅力に触れる。

  • 奈良国立博物館 修理完成記念特別展 糸のみほとけ‐国宝綴織當麻曼荼羅と繍仏‐
  • 奈良国立博物館 修理完成記念特別展 糸のみほとけ‐国宝綴織當麻曼荼羅と繍仏‐

ほとけ様の像は木造彫刻や仏画に描かれたものばかりではありません。日本では刺繍や綴織(つづれおり)の仏像が古くから作られてきました。特に、奈良県内に“都”があった飛鳥時代から奈良時代にかけての綴織や刺繍の仏像は、仏閣のご本尊にされるほど重要な存在でした。
今日、天寿国繍帳(奈良・中宮寺/国宝)、綴織當麻曼荼羅(奈良・當麻寺/国宝)、刺繍釈迦如来説法図(奈良国立博物館/国宝)が大切に伝えられています。
綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念して開催されるこの展覧会では、前述の国宝3点すべてが一堂に会します。それらに、木造の仏像や仏画とは違った質感、ぬくもりを感じることができます。
画期的なこの機会に、古代の人々が「糸のみほとけ」に込めた祈りと、文化財として魅力をたっぷり鑑賞してください。
<公開講座のお知らせ>
7月21日(土)「国宝綴織當麻曼荼羅―その図様と意義」
8月4日(土)「繍仏の世界―刺繍釈迦如来説法図を中心に」
8月11日(土)「飛鳥から奈良時代における刺繍と金糸の技法の変遷」
※いずれも聴講無料(整理券が必要です)
13:30~15:00
定員194名
各日12:00から講堂前で入場整理券(お一人様1枚)を配布します。

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 奈良国立博物館 修理完成記念特別展 糸のみほとけ‐国宝綴織當麻曼荼羅と繍仏‐
開催場所

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50

奈良国立博物館

開催期間 2018年07月14日〜2018年08月26日
開催時間 9:30~18:00
※毎週金・土曜と8月5日~15日は19:00まで
(いずれも入館は閉館30分前まで)
定休日 休館日:月曜(休日の場合はその翌日)
ホームページ https://www.narahaku.go.jp/
お問い合わせ先 050-5542-8600
(奈良国立博物館/ハローダイヤル)
その他 アクセス:近鉄奈良駅から徒歩約15分

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→