国宝薬師寺東塔大修理完成 東塔初層特別開扉(薬師寺) | 奈良 観光 | 奈良ぶら

EVENT 奈良の行事・イベント情報

東塔解体修理後DSCF1507(提供)

国宝薬師寺東塔大修理完成 東塔初層特別開扉(薬師寺)

開催期間:2021年03月01日〜2022年01月16日

いよいよ!奈良時代から残る日本の至宝・薬師寺東塔、解体大修理後、最初の初層特別開扉です。

  • 国宝薬師寺東塔大修理完成 東塔初層特別開扉(薬師寺)

平成21年(2009年)7月の解体大修理着工から約12年、新型コロナウイルス感染拡大により令和2年(2020年)4月の落慶法要・一般公開が延期になっている【薬師寺の国宝東塔】が、いよいよ令和3年(2021年)3月1日から初層が特別開扉されます(内陣:基壇上より拝観/落慶法要の日程は未定)。
東塔は、奈良時代の天平2年(730年)建立とされ、構造的には三重塔ですが、各層に裳階(もこし)と呼ばれる“小屋根”がついており、一見して六層に見えます。三層より上の相輪の先端を飾る水煙には、飛雲と天人が透彫されています。
この薬師寺を象徴する東塔は、どの角度から見ても、壮麗・優美。建立から1290年が経ち、東塔はまさに奇跡、唯一無二の至宝です。内陣の心柱や天井絵を見る事ができる特別な機会にお参りください。

 

※拝観には薬師寺拝観料が必要です。

 

【下記の特別公開も同期間で開催されます】
◆国宝水煙特別公開(於:西僧坊)
◆食堂特別公開(於:食堂)
◆玄奘三蔵院伽藍・大唐西域壁画殿特別公開(於:玄奘三蔵院伽藍)

奈良時代建築の至宝「薬師寺・東塔」①の詳細はこちら

INFORMATION 行事・イベント基本情報

行事・イベント名 国宝薬師寺東塔大修理完成 東塔初層特別開扉(薬師寺)
開催場所

〒630-8563 奈良県奈良市西ノ京町457

薬師寺

開催期間 2021年03月01日〜2022年01月16日
開催時間 8:30~17:00(拝観受付は16:30まで)
ホームページ https://www.yakushiji.or.jp/
お問い合わせ先 0742-33-6001
その他 【拝観料(白鳳伽藍、玄奘三蔵院伽藍)】
大人1100円
中高生700円
小学生300円
●特別共通割引券(白鳳伽藍、玄奘三蔵院伽藍+国宝水煙(西僧坊)+食堂)
大人1600円
中高生1200円
小学生300円 ※大人同伴

【アクセス】
近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ
駐車場あり(有料)

HASHTAGS 関連タグ

行事・イベントの記事一覧→